世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<電子絵本>ディズニーのミックス型電子絵本


 cnetの記事ですがディズニーがミックス型の電子絵本を出しています。iPad (or an even lighter iPhone or iPod Touch) が対象です。The Lion Kingなどの電子絵本ですね。
絵本=書籍とアニメ動画、ラジオ要素の読み聞かせ(Timon’s Tale )、chalk markをつけたり、スワイプにより鳥を鳴かせたり、鳴く鳥が直ぐに絵本動画のコンポーネントに組み入れられます。これはゲームの要素です。
 値段はThe Lion King: Timon’s Tale が4.99ドル。
      Tangled: Storybook Deluxe for iOSが$6.99ドルです。
 <解説>
  スマート機器上のサービス支配論理には二つの要素が同時に働きます。
  アップルはこの二つの流れを上手く取り込んでいます。
     1、モジュール部品への分解=アンバンドリング=オープン化
       情報消費財(書籍、音楽、ラジオ、テレビ、映画、ゲーム)の音楽曲単位、番組や記事単位への分解
       ハード機器のモジュール部品化
       HTML5支持の流れはここに基づいています。
     2、業界の境目が薄くなることによる新たなバンドリング、クローズ統合化
       ソフトとハードの一体化によるソーシャル機器化
       今回のディズニーの絵本や電子雑誌に見られる書籍、動画、ゲーム、ラジオの統合
      ネイティブアプリによる使い勝手の良さ、あたかも機器が友達のように振舞うつくりなどはこの流れです。
  まるで無秩序化と秩序化=自己組織化が同時に働く複雑系のような動きですね。

       
Tangled_for_iPad_610x458.jpg
<引用もと:CNET>
 
  ★★ Disney debuts storybook apps for Lion King, Tangled

  ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年3月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031