世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

ニンブルTVがニューヨークで正式にサービスを開始


<出所:venturebeat> 

nimbletv bourneWant to watch the TV you’ve already paid for, anywhere you want to watch it, whenever you want to watch it?

 <出所:ベンチャービート>

さまざまな記事が出ていますがニンブルTVがニューヨークで正式にサービスを開始しました。既にトライアルは同地で一年間実施しています。ニンブルテレビとは以下のサービスを行うOTTテレビサービスです。

 パッケージ1、CATVなどの番組の契約者に番組をインターネット信号(IP信号)に変換して提供する。但し、ニューヨークに住所があることが条件です。対象はApple TV, Roku, Net-enabled TV and current browsers and OSes on computers.などです。( over the Web, to their iPhone, or PC, or whatever device they want,)またアップルのIOSは入りますがアンドロイドはこれからです。こうすれば地球のどこにいてもインターネットを介してニューヨークのCATVが見られます。一種のロケーションフリーです。

pay-TV providerがセットアップをします。そして4ドルの追加料金がニンブルに発生します。しかし有料テレビは誰も公式に番組提供者として名乗り出ていません。また同じようなサービスを8ドルで提供しているエアレオを訴えた地上波も今回は静観の構えです。記事はニンブルテレビの場合にはCATVなどが再送料金を支払っているからだと述べています。(しかし訴訟の対象であることは間違いないとも)

 

パッケージ2.

“concierge service,” と呼ばれるサービスです。チャンネル数が130までの間で見たいチャンネルを選択できるようです。29。98ドルから始まります。チャネル数も30チャネルから96チャネルまでの選択になります。まだどこのCATVとも契約していないようですがどうやらデイッシュネットワークが裏で賛同しており番組を提供していると見られています。デイッシュネットワークは7月にニンブルとのサービスをやめたと発表していますが、そのあたりが不明です。

ニンブルテレビは既存のCATVの置き換えではなく補完だといっています。

 

 

 

 

★★NimbleTV Brings TV Everywhere to New York, Without Permission From the TV Industrial Complex

★★NimbleTV’s simply showing cable providers how nimble they can be

 

日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 twitter

関連記事

2020年6月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930