世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

グーグルIO2014、グーグルはやはりweb広告会社、ネイテイブアプリとブラウザーの境目があいまいに!!


IMG_0042

<出所: テッククランチ>

テッククランチの記事ですが Android Lと呼ばれる次期バージョンではWebブラウザーとネイテイブアプリが行ったり来たりして境目があいまいになるようです。グーグルは native アプリと webの一体化を目指しています。その理由はグーグルは広告の会社であり、webの方が広告で儲かると言う見通しがあります。(And the end of native apps as we know them could be closer than we might think.)ネイテイブアプリとwebブラウザーの間を行ったり来たり、行ったり来たりすること自体、ユーザーには気がつかないレベルにしてしまおうと言う事のようです。(Back, and forth, and back, and forth between the web and native apps. After a while, you won’t even notice if you’re on the web or in a native app.)

グーグルは web appsの会社で成功して来ました。例えば Gmail, Google Calendar or Google Drive などです。そこで広告で稼いできました。そして大部分の広告売り上げはweb ads.から稼いできたと言うのが実情です。だから、だからweb appsに拘ります。収益の未来はグーグルにとってはHTML5 and webにあると判断しているようです。

HTML5 and webの重視戦略はPalm がWebOS,でMozillがFirefox OS.で試み失敗して来ました。しかしCPUなどのパワーが上がり始めたムーアの法則の下では実現可能とも考えられます。そこでグーグルも同じ方向にゆっくり動き始めたと言う訳です。グーグルIO2014はネイテイブアプリ時代の終わりへの一歩と言う事のようです。(実際はどうなるか判りませんが)

Multiple companies have tried this before — Palm with WebOS, Mozilla with Firefox OS. They all failed due to a combination of flaws — systems on a chip were not powerful enough, web runtimes were not efficient enough, web developers were not talented enough.

It mostly comes down to timing. Now, it would make sense for Google to slowly but surely switch to this new app model. Systems on a chip could potentially run full-fledged laptops now. Google has tirelessly worked on improving JavaScript and HTML rendering engines. And of course, there are thousands of talented web developers working for Google.

★★Google Blurs The Line Between Web And Native Apps On Android

日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年7月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031