世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

スマートフォンでマリオをスマートフォンで提供するDeNAと任天堂の提携の意味


gaming-super-mario-bros-3

<出所 テッククランチ>

テッククランチの記事と日経ビジネスの記事ですが、テッククランチは「DeNAと任天堂の提携は、スマートフォンでマリオを提供する」「新しい革袋に古い酒を入れただけ」と言っています。一方日経ビジネスの記事はインタビューをそのまま載せています。つまりソーシャルゲームで成功し、スマートフォンゲームに押され気味のDeNAと専用機ゲームで勝ち組になり、スマートフォンゲームで苦労している任天堂の敗者連合が一緒になっただけと見ています。果たしてスーパーマリオのスマートフォン版にどのくらいの人が魅力を感じるでしょうか?

「遅すぎる」というご指摘がありましたけど、私は、いや、実は時が来たんだ、と。遅すぎたかどうかは、たぶん後世の人がご判断なされることなんだろうなと思います。

今回の提携は「ソーシャルゲーム・バブル」がはじけた今だからこそ成立すると言え、「プラットフォーマー」としてのプライドを捨てたDeNAにとっては怪我の功名とも言える。

何が起きるのか、具体的なことは何も明かされていない。分かっているのは、「マリオ」など人気の知的財産(IP)を生かしたスマートデバイス向けゲームをDeNAと共同で開発・運営する、そして、ゲーム専用機も含めた複数のデバイスをまたがる新たな会員制サービスを立ち上げる

★★任天堂・岩田社長が語る「DeNAとやりたいこと」

★★ 任天堂・岩田聡社長激白、「時が来た」

★★Nintendo’s Move To Mobile Unlikely To Offer Retro Gamers Much More Than Memories

日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年2月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829