世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

Uberがカリフォルニア州で乗客のブライバシーデータの提出に関して業務停止の勧告


uber101

<出所 テッククランチ>

 テククランチの記事ですがカリフォルニア州では ride hailing services(Uber型のサービス)を2013 の法改正で合法化しています。 しかし同時に業務履歴などのデータの提出を義務付けています。しかしデータを管理しているUberの子会社の Rasier-CAはこれまで提出を拒んでいました。カリフォルニア州の交通委員会は一年間の猶予期間を与えており、Uber以外の Lyft, Sidecarは既にデータを提出しています。カリフォルニア州の交通委員会は特にユーザーのブライバシーに関するデータの提出を重視しています。そこでUberの対応は不十分と言うわけです。30日以内に対応しないとUberは業務停止に追い込まれます。

 

★★ Uber Has 30 Days To Comply With The Law Or Face Suspension In California

 

日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年6月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930