世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

次世代スマートホームを目指すSmartThingsとサムスン


 

smartthings hub and sensors

 

<出所 ビジネスインサイダー >

 サムスンは2014年にスマートホームサービスアプリのSmartThingsを買収し、2015年の正月にはサムソン製品は全てインターネットに繋がる。“Internet of Things” に全ての製品が対応する、その実現は2020年までだと宣言しました。

そしてサムスンの家電製品ではSmartThingsに対応した新しいサービスが発表されています。具体的にはインターネットの接続が一時的に切れたり、電力が落ちてもインターネットに繋げます。(even if you temporarily lose power or an internet connection) 室内のWiFiが落ち、電力が落ちた場合、スマートフォン経由で家電をインターネットに繋ぎます。これは注目です。また web-connected camerasで室内を監視したり、スマートフォンから室内の様々な家電製品をコントロールできます。その為のハブが発表されています。それが上の写真です。そして SmartThingsはサムスンのGlobal Innovation Center (GIC)の中心であり、スマートフォンに次ぐ焦点が当たっています。 SmartThingsはオープンイノベーションですのでアップル製品にも対応する構えです。9月9日のアップルテレビ(スマートホームのハブのアップル版)の発表を控えて注目です。

★★ Samsung has a convincing case for turning your home into a smart home

★★Samsung Buys Smart-Home Startup SmartThings For $200 Million

★★THE AMERICAN SMART HOME MARKET: 2015 [SLIDE DECK]

 

日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

 

関連記事

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031