世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

アップルTVは5年前の Google TVと何が違うのか?


SonyTV

GOOGTV

<出所  ビジネスインサイダー >

 ビジネスインサイダーの記事ですが、非常に根源的な問いを投げかけています。アップルTVは5年前の Google TVと何が違うのでしょうか?何故成功するのでしょうか?

約5年前の2010.年Google TV.はリビングルームを支配すると称して華々しくデビューしました。しかしほとんど売れず、その結果、現在では Android TV.と名称を変更してほそぼそと生き残っています。( Android TVはソニーやフィリップス、シャープから出ています)Google TV.は狙いも特徴も現在のアップルテレビとそっくりでした。

天の時、地の利、人の運が違うのでしょうか?

1、デザイン

  グーグルテレビはパソコンそっくりの最悪デザイン、最悪操作性。 Sony とLogitechから出たグーグルテレビはまるでパソコンでした。とてもソニーの作品とは思えませんでした。

2、タイミング

 ネットフリックスは誕生後2-3年であり、まだまだDVDのネットレンタルビジネスが中心でした。またその結果、グーグルテレビは cable or satellite TV feedとの互換性に精力を使っていました。一方5年もたてば米国ではネットフリックスが当たり前になり、WebTVサービスの事だけ考えればよいスマートテレビの時代になっています。Google TVの時代はハイブリッドカー(放送とネット)の時代であり、2015年のアップルテレビはWebTVサービス=電気自動車に例えられます。

3、価格

 グーグルテレビはソニーから最低600ドルで出ていました。(from $599 top $1,399)更にBlu-ray DVD playerが399ドルです。一方Roku or the Amazon Fire TVは $100.です。アップルテレビも149ドルと199ドルです。

 やはり天の時に合わせてアップルテレビが出てきました。

 

 

 

★★3 reasons Apple TV could fly where Google TV flopped

★★Apple TV is finally a real platform

 

 

日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年5月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031