世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

トップ3社の米国決済サービス企業、フィンテック


フィンテックにおいて決済にかかわる数百社の中でMarketing Landが格つけしたトップ3社の米国決済サービス企業は以下の通りです。

3社は米国のpayments industryの形を変えたと言われています。スクエアが入っていないのは解せないですね。

1、PayPal

1998年誕生のサービスです。 既に200 国 、26 通貨に及び簡単にPayPal checkout 決済を統合できるのが特徴です。(on their websites, process payments through a browser, app, or reader, and offer credit lines to customers.)様々なクレジットカード(米国ではアメックスやダイナースなどトップ層のクレジットカードが不参加ですが)やデビットカードに対応しています。

電子マネー決済では顧客やマーチャントのファーストチョイスです。

2、Due

フリーランスやミニ企業家、規模の小さな会社(freelancers, small businesses, and other companies)の為の請求から決済までの一貫サービスです。

(time tracking, project management, and custom invoicing)100の言語、通貨に対応します。

3、Stripe

有名なフィンテックの決済企業です。130通貨の credit card, debit card, and bitcoinを処理します。

自社の販売システムに簡単に統合できます。

Stripe charges just 0.8% per successful Bitcoin transaction, capped at $5. There are no other fees.

   STRIPE BITCOIN

paypal

 

 

<出所 BI>

 

★★These three companies will dominate the payments industry

★★What is the next generation in FinTech of what Paypal, Stripe and Square began?

ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年6月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930