世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

ナイジェリアにmVisaを導入、フィンテック


モバイルフォンが94%普及する一方銀行口座は44%しか普及していないアフリカ随一の経済大国ナイジェリアでは、Visaがサーバー型電子マネーのmVisaを導入します。従来、mVisaはインド(2015年8月)で最初に展開していました。導入時期は2016年末までにサービス開始です。( mVisa mobile-payment solution in Nigeria)アリペイと同様にQRコードで認証し、店舗で支払う方式です。また個人間送金( domestic peer-to-peer (P2P) payments)はお店などでのキャッシュアウトも可能です。Visaにとってはポスシステム無しで決済ができる点がサービス上の魅力です。

 

ナイジェリアは既にPAGAなどのサーバー型電子マネーが普及しており、mVisaの導入には最適な環境です。Visaはその波に乗って合わせてバンクカードやクレジットカードも普及させます。ケニヤはm-Pesaの導入により、銀行口座が普及し、現在では成人の75%が銀行サービスを利用しています。(その結果、クレジットカードも普及)一方ナイジェリアは 46.3%,がアンバンク状態にあります。2020年にはアンバンク状況を成人の20%まで改善したいというのがナイジェリア中央銀行の意向です。

★★ Visa is planning a mobile payments push into Nigeria

 

bank account mobile phone

<出所 BII>

日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twtter

関連記事

2020年7月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031