世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

東京三菱UFJと日立がシンガポールで小切手決済をブロックチェーン技術処理


インターネット以来の世界的発明と騒がれているブロックチェーン技術ですが、仮想通貨のビットコインと共に発達してきました。しかし基本は仮想通貨とブロックチェーンは「お互いに別物」と分離して考えることができます。日経の記事では東京三菱UFJと日立がシンガポールで小切手決済を代替する仕組みをブロックチェーン技術で作成します。ブロックチェーンを小切手処理に対応させました。当然、通常の現金処理でも使えます。2016年8月22日から実際のテスト運用を始めます。実験では三菱UFJが小切手の発行や決済を担い、日立グループが複数拠点で小切手の受け渡しをするそうです。シンガポールにフィンテック展開すればマレーシア、インドネシア、フィリピンなどに波及します。

両社はフィンテックの実証実験を規制面で優遇するシンガポールのレギュラトリー・サンドボックス制度を活用するそうです。コスト削減も狙いの一つです。

 

HITACHI

<出所 日立 >

★★ 仮想通貨技術で小切手決済 三菱UFJと日立
アジアで展開

 

日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twtter

関連記事

2020年3月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031