世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

本番はいつか銀行仮想通貨発行、フィンテック


各国のトップクラスの銀行が仮想通貨の発行をにらんで動き始めています。MUFJコインも2017年秋に登場です。アクセンチュアの見立てでは本格採用が始まるのは3-5年後であり、普及には更に数年かかるそうです。具体的には以下のようになっています。

スイスのUBSは大手銀行( ドイツDeutsche Bank, スペインSantander 米国の BNY Mellonおよび broker ICAP)と組み、それぞれ中央銀行を説得して商業用仮想通貨(ブロックチェーン方式)の本番発行を2018年初にめざします。(2016年8月発表) ただし発行するのは中央銀行(CENTRAL BANK money.)であり、狙いは海外送金です。 “utility settlement coin”(国際決済通貨)という名称です。SDRに似ているのでしょうか?個々の銀行が仮想通貨を発行するのは容易いが問題は普及にあると述べています。

その他シティ銀行はシティコインを準備しています。 Goldman Sachsは “SETLcoin”を準備しています。 US Federal Reserve, the Bank of England and the Bank of Canadaはそれぞれ可能性を調査中です。

 

Of course, as Hyman Minsky said: “Anyone can create a currency, the problem is getting others to accept it.”

But which central bank? Could this mean the establishment of an international digital clearing union, with a digital international settlement currency independent of any country, replacing the US dollar and decapitating the global ambitions of the IMF’s SDR? Could the Utilities Settlement Coin become Keynes’ bancor, in a form of which he never dreamed?

So there would not be one single global Utilities Settlement Coin, but multiple coins. Each real-world currency would have its own Utilities Settlement Coin, with which it would be exchangeable at par.

Banks would deposit real-world currency at central banks and create an equivalent quantity of Utilities Settlement Coins for that currency.

Goodbye, bank reserves; Hello, Utilities Settlement Coin.

coin

 

<出所 http://www.coindesk.com/utilities-settlement-all-about-banks-not-blockchain/  >

★★ ‘Settlement Coin’ is All About Banks, Not Blockchain

★★ Big banks plan to coin new digital currency

 

日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9

関連記事

2020年3月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031