世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

中国オフライン決済シェア、WeChatPayがAlipayを上回わる、フィンテック


WeChatの社内全体会議で親会社のテンセントCEO馬化腾が「2016年WeChatPayのオフライン決済シェアはAlipayを上回った。」と発表しました。

WeChatPayは現在、KFC全国5,000店舗以上で使われ、2016年5月に中国石油の全国合計1,500近くの直営ガソリンスタンドにもWeChatPayが導入されています。2016年8月8日からWeChatPayが全国合計70万加盟店と連携して、ノーキャッシュデイキャンペーンを開催しました。その結果、利用規模は前年同期比7倍以上拡大しており、さらに、12月に2,500店舗以上のスタバにも導入されています。

しかしアリババグループのTmallやTaobaoの決済取扱金額を含めればアリペイがトップ(シェア50.42%)、WeChatPayが2位(38.12%)だそうです。2年前はアリペイが80%、WeChatPayが10%でした。

凄いのは取引頻度から見れば、WeChat参加者の全体の31%に上るWeChatPay利用者の月間取引回数が50回を超え、Alipayの5倍になっている点でしょう。

 

img03_cnt01

<出所 http://www.chinesepayment.com/2017/02/wechatpayalipay.html  >

★★ モバイル決済競争激化、WeChatPayはAlipayを上回った

 

日本ナレッジマネジメント学会 副理事長 山崎秀夫 borg7of9

関連記事

2020年2月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829