世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

Whatsappがインドで為替取引、フィンテック


電子マネーとメッセージサービスの相性が良いのは中国のWechatpayで実証されています。そこでインドで最大(月次2億人)のWhatsappが為替取引に出ると地元紙に報じられています。Unified Payments Interface (UPI)と組むそうです。ライバルの電子マネーサービスpaytimは2億人が利用しています。既にフェイスブックメッセンジャーなどは電話番号や友達指定の為替取引を開始しています。

UPI, which is an India Stack feature developed by the National Payment Corporation of India (NPCI) allows for seamless peer to peer transactions from bank account to bank account using only a virtual payment address linked to the account and to the user’s phone.

whatsapp

<出所 ET   >

★★ WhatsApp all set to launch P2P payment services in India?

★★ WhatsApp explores UPI for digital payments in India

 

日本ナレッジマネジメント学会 副理事長 山崎秀夫 borg7of9

 

関連記事

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930