世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

VALUの信用は回復するか、フィンテック


国内で5月に始まり約15000人が資金調達したvalu(個人価値売買、VAと呼ぶ)ですが、法的な位置づけはあいまいです。ビットコインで払い込みを行い、株券に相当するトークンと呼ばれる一種の仮想通貨を発行し、投資家に提供します。

麻生太郎金融相も会見で「消費者保護と新しい物を育てることの両方を考える必要がある」と発言しています。しかし金融商品取引法、改正資金決済法上の立ち位置は全く不明です。個人価値はソーシャルメディアからデータを集めて自動評価します。「個人が発行するトレーディングカードのようなもの」だそうですが、株との違いは配当がない、議決権がないと言ったところでしょうか。YoutuberのVA発行で問題が起こっていますが、VALUはVAの新規発行や取引を行う取引所ですが、今後とも存続できるのでしょうか?

さてヒカル氏、ラファエル氏、いっくん氏(禁断ボーイズ)のVAについてと言うブログがVALUから出ています。

引用

VALUとは個人が”自分自身の価値”を発行して市場で取引を行うシステムだ

引用終わり

 

VA

<出所 VALU   >

★★ SNS連携についての仕様変更のお知らせ(予告)

★★ ヒカル氏、ラファエル氏、いっくん氏(禁断ボーイズ)及び井川氏に関する対応について

★★ 「VALU」の個人価値売買が熱視線を浴びる本質 不正取引発生で全否定するのは間違いだ

★★ 個人価値売買の「VALU」騒動 「利用者本位の規約に」 運営会社代表取締役 小川晃平氏に聞く

 

日本ナレッジマネジメント学会 副理事長 山崎秀夫

関連記事

2019年2月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728