世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

アンドロイドの二の舞か、ソニーのグーグルAIスピーカー


ソニーがAIスピーカーを出しますが、やはりソニーはグーグル・アシスタントをAIに活用します。AIスピーカーに関しては既に人工知能、アマゾンのアレクサ(Amazon Alexa)を活用した様々な製品各社から多く出ています。

アレクサやグーグル・アシスタントなどがスマートフォンのアンドロイドの役割を担い始めました。マイクロソフトのコルタナも含めて人工知能がアンドロイドOSの役割を果たし始めています。ベルリン家電見本市IFAでの発表です。

約230ユーロ(約3万円)で、2017年12月欧州発売、日本は未定です。

LINEやNTTのRトークは自社製の独自AIソフトですが、多くのメーカーはグーグルやアマゾンの汎用AIソフトを活用しています。

0170831atl7_t

<出所 https://www.jiji.com/jc/article?k=2017083101147&g=eco >

★★ ソニーもAIスピーカー  頭脳はグーグル製 手ぶりでも操作、10月発売 

★★ ソニーもAIスピーカー=グーグル技術対応

日本ナレッジマネジメント学会 副理事長 山崎秀夫

関連記事

2020年2月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829