世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

アマゾン、マイクロソフト共クラウドでブロックチェーン、フィンテック


クラウドサービスが成長していますが、今後の鍵となりそうなのがIoTの一環として企業の基幹システムをIoT経由で統合するアプローチです。所謂、ビヨンドブロックチェーンと呼ばれているアプローチであり、各企業システムをブロックチェーン的なノードと見て分散システム発想で結合する方向です。その結果、クラウドサービスが重要になってきますのでマイクロソフトやアマゾンが対応を急いでいます。これは明らかに対抗文化的な既存産業の創造的破壊ではなく、次世代型への改善の動きと言えます。確かに途方もない可能性ですが、従来のブロックチェーンが跡形もなく消え去るほど異なる、同時に基幹システムの次世代(IoT時代)への移行ですね。改善型アプローチです。マイクロソフトはアズールにイーサリアムベースのプロトコルを対応させようとしています。イーサリアムやハイパーレッジャー・ファブリック向けのブロックチェーンフレームワークをアマゾンはライバルのIBMやオラクルと共にクラウド提供しています。

引用

マイクロソフトは明らかに、ブロックチェーンの力や、ビジネス界におけるその破壊力の途方もない可能性に気づいた。同社は現在、新たなブロックチェーンアプリケーションを開発している。これはスタートアップ企業が推し進めるような一過性の華々しいソリューションなどではなく、実用性を兼ね備えたものだ。

マイクロソフトはまた、自社のブロックチェーンアプリケーション上でビジネスを成長させられるようなプラットフォームの開発も模索している。たとえば、クラウドコンピューティング部門のマイクロソフト・アジュールによるイーサリアムベースのプロトコルを使ったコンフィデンシャル・コンソーシアム・フレームワーク(Coco Framework)がそうだ。

引用終わり

 

<出所 https://jp.cointelegraph.com/news/amazon-microsofts-move-to-blockchain-centralized-companies-into-decentralized-ecosystem >

★★ Not Right Time to Regulate Bitcoin: American Institute For Economic Research

★★Banks and Blockchain: Wait-and-See Approach or FOMO?

★★ アマゾンとマイクロソフトのブロックチェーン戦略

 

日本ナレッジマネジメント学会 副理事長 山崎秀夫

関連記事

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031