世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

ブロックチェーンには否定論も根強い、フィンテック


ブロックチェーンに関しては「対抗文化のブロックチェーンが世界を変えると言う内容を神話として信じ込み、ビジネスサイドの人間はおろか技術者の8割方がブロックチェーンの技術を理解していないという指摘」があります。特にブロックチェーンが世界を変えると言う対抗文化型の理解は通貨の世界を転覆できなかった点から間違いだと指摘しています。

引用

ブロックチェーンの暗号通貨以外の応用(non-trading applications)に関しては、技術者の多くは疑いを持っていますが、一方で、ビジネスサイドの人たちは大いに盛り上がっているのです。

引用終わり

引用

その価値は、「(誰でもサーバーを立てられるという)オープンな形の分散データベース上での二重支出(double spend)問題を多数決によって解決する」というところに尽きます。

引用終わり

<解説>

ブロックチェーンは以前、スインドンで行われたオープンループ型の電子マネー実験において、オープンループ型では二重払いが避けられないと言う課題が指摘されていました。

その結果、スイカなどはクローズ型の電子マネーであり、財布から財布への送金(オープンループ)は実装されませんでした。ブロックチェーンとは単にその解決法として提示された訳です。

そのブロックチェーンを海外送金や株式取引、貿易金融などに適用する場面で、「そのままでは使えない」「最早、ブロックチェーンとは呼べないほどの改変が求められる」ことが判明しています。

また既存のビジネスを破壊するのではなく、ブロックチェーンありきでもなく、既存のビジネスの情報システムを次世代版への改善する中で企業システム間の統合が課題となり、部分的にブロックチェーンの要素が使われているのが実情です。集中処理と分散処理の組み合わせがポイントですね。

<出所   >

★★ Blockchain is not only crappy technology but a bad vision for the future

★★ ブロックチェーンはネットに次ぐ発明」と言う人を信じてはいけない理由

★★ 10年たっても誰もブロックチェーンの使い道がわからない(ブロックチェーンは時の試練に耐えられるのか?)

★★ Ten years in, nobody has come up with a use for blockchain

日本ナレッジマネジメント学会 副理事長 山崎秀夫

関連記事

2019年10月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031