世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

スペインの銀行がブロックチェーンを活用した顧客のデジタル認証プラットフォームの開発計画、フィンテック


スペインの大手銀行が参加するコンソーシアムのニウロンがブロックチェーンを活用した顧客のデジタル認証プラットフォームの開発計画を発表しています。

所謂、KYC=顧客アイデンティティの共有ですね。顧客が初めて口座を開設する際に、本人確認と顧客情報の記録を行うシステム開発を目指します。新たなブロックチェーン・プラットフォームにより、業務スピードの向上、詐欺の減少、マネーロンダリングの防止を実現できます。顧客側の利点としては、登録手続きに要する時間が短縮され、顧客が自らの個人データをより細かく制御できることです。異なる銀行や金融機関の間で顧客データを共有できるようになります。

ニウロン・コンソーシアムには、アバンカ、バンキア、カイシャバンク、カイシャ・オンティニエント、イベルカハ、クチャバンク、リベルバンク、ウニカハ・バンコ、セカバンクが参加します。

GDPR規則に基づくものであり、EU域内における統一的なデータ保護規制の策定と、個人が自らの個人情報の使用や保管をより細かく制御できる仕組みづくりを目指しています。

★★ Spanish Bank Group to Develop Blockchain Platform to Identify Clients

★★ El consorcio bancario Niuron desarrollará una plataforma para verificar la identidad digital de clientes

★★ スペインの銀行グループ、ブロックチェーンを活用した顧客認証プラットフォーム開発へ

 

日本ナレッジマネジメント学会 副理事長 山崎秀夫

関連記事

2020年2月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829