世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

LINEの仮想通貨取引所「BITBOX」、フィンテック


2018年7月からの提供開始で日本と米国以外で展開するそうですが、LINEPAYとの棲み分けをどうするんでしょうか? 業務システムのブロックチェーン化に出るのでしょうか?ブロックチェーンベースのトークンを独自発行してDApps(非中央集権型アプリ)や関連サービスによってCGMエコシステムを構築するそうですが。

結構、大変だと思いますが。BITBOXは、日本・米国を除いた全世界で展開する仮想通貨取引所であり、ビットコインやイーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインなど、30種類の通貨を取り扱うそうです。LINEのグループ会社「LVC」が、両社の傘下であるLINE Tech Plus(所在地:シンガポール)を通して提供するそうです。

 

引用

LINEは、独自トークンの発行のみならず、DApps(ブロックチェーン対応アプリ)の開発や、このエコシステムに外部の企業が参加できる取り組みなどを推進する組織をすでに立ち上げています。

引用終わり

cof

<出所https://japan.cnet.com/article/35121645/  >

★★ LINE、仮想通貨取引所「BITBOX」発表–日本、米国以外のグローバルで展開

★★ LINEがブロックチェーン事業に参入、独自トークンによって新たなエコシステムを構築へ

日本ナレッジマネジメント学会 副理事長 山崎秀夫

関連記事

2019年10月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031