世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

インドで出前宅配拡大中


インドでインターネットを利用した食事の宅配市場が急拡大しており、ゾマト・メディアやスウィギーなどスタートアップ企業が競って宅配網を整備しており、市場規模は2020年に40億ドル(約4400億円)と3年前の五倍に広がります。

台頭するインドの中間層がインド料理店のほか、サンドイッチ店「サブウェイ」やピザ、中華などを好み始めたのが背景にあります。ムンバイなどから広がっています。

基本は地元勢(ゾマト・メディアやスウィギー)が活躍しています。2017年秋ゾマドが二輪車による自前の配送網を一気に整えてから一挙に市場が爆発したそうです。一方ウーバーイーツなども台頭しています。

★★ インド、ネット出前急成長 20年に5倍の4000億円  飲食サイトのゾマトが自前配達網 食の多様化が後押し

日本ナレッジマネジメント学会 副理事長 山崎秀夫

関連記事

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031