世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

人物情報検索サイトEliyon


Eliyon Steps Up the Search | workforce.com
Eliyonという人物情報検索サイトの
特集。ひとつのサービスにこれほども説明に使うとは。
簡単に言えば、個人が自分の職歴や強みを登録して
企業が検索するという形。
ビジネスモデルは、企業の1検索ごとに120ドル。
このサービスでデータベースにあるのは
「役員」200万人弱
「社長」120万人など相当数。
ジョブマッチングサイト最大手の1つ
Monster.comと提携する。
このMonster.comの登録者数の半分近くが
Eliyonにも参加しているというから
相当な数である。
検索したい人は、まず数クリックで
対象者の一覧が見れる。
次に、個人が見れる
そして、最後に、その人の過去やプロフィールが見れる。
検索という技術が強みである。
毎日膨大な情報を収集し、関連付けを探したり、
整理する。
大体10万Pageをスキャンニングする。
そして、人を探す人がどのようなキーワードを使うかといった
検索技術の次の段階を組み込んでいる。
名前、ジョブタイトル、他には何だ?と。
毎月45万人が登録し、2から3万人がプロフィールを更新する。
マイクロソフトの社員だけで1000人もいる
※こういったgoogleなどで勝手に情報あさられるよりも、
はなから自分で見せたい情報を作っておければ便利ですね
検索時代に生きる智恵でしょうか。

関連記事

2019年11月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930