世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

SNS雑感


アメリカ見たまま: December 2004 バックナンバー

もちろん「ソーシャルまたはアルファギーク」には
凡人には持ち得ない才能があるのはもちろんである。
ホームページ→掲示板→Blog→ソーシャルネットワーク
というコミュニケーションの流れの中には「匿名から実名へ」という意味があると思う。
それはつまり、インターネット上のコミュニケーションがリアルな世界により近づいてきたことだ。

インターネット社会のマーケティング ネット・コミュニティのデザイン :小林Scrap Book

こんな優れた本が3年も前に出ていたとは。
ブログやソーシャルネットワーキングでコミュニティサービスが注目されだしたのが昨年であることを考えると、
これは2年早かったネタであり、今こそ読んどくべき本だと言えるでしょう。

文環研:Journal~ジャーナル~

会員が共通フォーマットのページを持つことで、
同じネットワークの「共有感」が生まれる。
この共有感はコミュニケーション形成の基本に必要なもので、
一見会員がみな似たり寄ったりのページで多様性に乏しいと思いがちだが、
コミュニケーション形成の視点から見れば実に巧妙な戦略がとられている。

関連記事

2020年2月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829