世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

セカンドライフマーケティングの矛盾した調査結果


 SLビジネスコミュニケーターのレポートからですが、Market Truthsの調査結果と先週発表されたドイツのKomjuniti の調査結果が矛盾していると言う内容です。Komjunitiのレポートはセカンドライフのマーケティングを否定的に捉えており、一方Market Truthsの調査結果は、非常に肯定的です。
▼Second Life Brand Perception Research Study Released by Market Truths
http://freshtakes.typepad.com/sl_communicators/2007/04/second_life_bra.html
●Market Truthsの調査
generalattitudes_3.jpg
Market Truthsは参加者の49%はセカンドライフに企業が存在することに肯定的な答えをしており、約三分の一が中立的な答えをしています。
 引用

According to the research report, Real Life Brands in Second Life, released last week by Market Truths, 49% of SL residents think the presence of real life brands is positive; and about a third have a neutral attitude.

引用
 
▼Second Life Brand Perception Research Study Released by Market Truths
http://freshtakes.typepad.com/sl_communicators/2007/04/second_life_bra.html
引用

Real Life Brands in Second Life directly contradicts conventional wisdom that SL residents are against RL brands coming into SL. In fact, residents see some real benefits to corporate presences, such as credibility for SL and more resources for infrastructure; even while they harbor fears brands will harm small content creators and put upward pressure on land prices.
When asked what activities residents would like to engage in with their favorite brands (whether currently in SL or not) co-creating products and customizing products were among the top three of the eleven preferred activities.

引用終わり
これまではセカンドライフにおける企業の存在は否定的に見られていました。
例え企業の存在のお陰でセカンドライフの土地の値段が上がり、小規模なコンテント・クリエーターが企業の影に脅えても、企業の存在はセカンドライフの信用を増すと言うことのようです。
引用

Finally, the report points marketers to some important implications for their SL presences, including several tactics I’ve written about before such as the importance of effective in-world communications strategies, RL and SL integration and quality experiences.

引用終わり
最後に同レポートはRLとSLの統一的なマーケティングの重要性や高品質の経験の提供、セカンドライフ内でのcommunicationsの重要性を説いています。
▼First customer satisfaction survey in Second Life – insufficient customer care and opportunities for interaction between Second Life users and companies identified as the main weakness
ところがこれは先週に発表されたドイツのKomjunitiの報告と色々矛盾しています。
http://www.openpr.com/news/17221/First-customer-satisfaction-survey-in-Second-Life-insufficient-customer-care-and-opportunities-for-interaction-between-Second-Life-users-and-companies-identified-as-the-main-weakness.html
ドイツのKomjunitiのレポートは以下の主張をしています。
これはセカンドライフ内で提供される商品やブランド経験について満足度を聞いたものです。
1、72%のセカンドライフの市民はセカンドライフ内のマーケティング結果に失望している。
2、3分の一がブランドの存在に気がついていない。また42%がブランドの進入は短期の傾向でしかないと考えている。積極的に企業ブランドの存在を評価するのは僅か7%の市民である。
3、 セカンドライフの参加者=市民は企業のコミュニュケーションが十分でないと考えている。特に企業が放置したサイトでなどは評判が悪い。
4、セカンドライフはリアルワールドのマーケティング手法をセカンドライフに持ち込んだだけであり、仮想社会の特性を感上げていない。
5、マーケティング手法の成功の可能性があるのはホテルや小売である。
 
●矛盾があるわけですがSLビジネスコミュニケーターのレポートの作者はMarket Truthsの調査の調査を信じているようです。
日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫

関連記事

2019年10月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031